メモログ

💡 Personal notes about somthing I'm interested in

画像のプレースホルダーとしてインラインSVGを使う

画像が読み込まれた後にレイアウトが動かないように、画像のプレースホルダーを入れた。最初はpng画像をインラインで挿入していたのだけど、svgの方が画像のサイズをみてその場その場で適切なものを作成しやすかったので、svgを使うようにしてみた。処理自体はNode.js(Hexoの処理の中)で行っている。現在のコンテンツの最大幅は750pxなので、それを基準に縦横比が合うようにheightを計算している。

const sizeOf = require('image-size');
const dimension = sizeOf(path.resolve(__dirname, `../${src}`));
const width = 750;
const height = parseInt(dimension.height * (width / dimension.width), 10);

const svg = `<svg xmlns="http://www.w3.org/2000/svg" version="1.1" width="${width}" height="${height}">
<rect x="0" y="0" width="${width}" height="${height}" fill="#f0f0f0" />
</svg>`;

const inlineSVG = 'data:image/svg+xml;base64,' + Buffer.from(svg).toString('base64');

こんな感じ。fillの部分を好きな色に変えることで好きな色のプレースホルダーを作ることができる。
一緒にコンテンツに含めた画像のpicture element対応をしているのだけど、それはそれでまた今度ブログに書こうと思う。